医学部受験の長文読解【英語を極める.3】

医学部受験の長文読解【英語を極める.3】

医学部受験の英語について【長文読解編】

医学部の英語試験は様々な問題で構成されているが、最もやっかいなのが長文だろう。
限られた試験時間の中で読み解き、答えを見つけなくてはいけない。

しかし、私立と国立のセンターでは文章の長さも異なるし、問題のレベルも大きく変わる。
このため、どのような長文にも対応できる英語力が求められるのだ。

当サイトでは、医学部受験の英単語についても紹介していますので、興味がある方はこちらの記事も是非ご覧ください。

長文読解が難しいと感じる理由

長文の読解が苦手な人、難しいと感じている人も多いだろう。
だが、どうして難しいと感じてしまうのだろうか?問題の難易度も影響するが、長文読解が難しい理由は以下が考えられる。

  • 英語の基礎ができていない(単語や文法、熟語など)
  • 設問を細かく読んでいない、細部を確認していない
  • 完璧に翻訳しようとしている

英語の基礎ができていないのはもちろん、設問にちゃんと目を通していないことも理由の1つだ。
特に読解力が試されるので、設問は時間を掛けて確認すべきである。

長文読解が難しいと考えている人は、完璧に訳そうとしているパターンが多い。
確かに中途半端に訳すとモヤモヤが残るが、果たして完璧な翻訳が必要だろうか?意味が通じれば問題ないはずである。
複数の解釈方法がある問題は、人それぞれ訳し方が変わる。
そのため、完全に翻訳することは無意味なのだ。

長文読解を得点源にする方法

しかし、長文をマスターすれば点を落とさずに済む。
苦手な人も多いだろうが、ぜひ以下の学習方法を取り入れてみてほしい。

  • ディスコースマーカーを使う
  • スラッシュリーディングを取り入れる
  • 興味がある分野の洋書を読む

1つ目のディスコースマーカーとは、主に接続詞のことを指す。
例えばbutやonce、forなどが当てはまる。
こうしたマーカーは、話題が切り替わる際に用いられる。
長文の中には最低1つか2つはあるので、まず探してみるといい。
そしてマーカーの前後の文に注目すれば、文章全体の意味を理解しやすくなるのだ。

また、スラッシュリーディングも使うといいだろう。
複数の単語・語句をスラッシュ(/)で区切る読解法で、長文が苦手な人こそ効果的である。
区切りごとに文章を翻訳すれば、長文全体の意味や主張を捉えやすくなる。
区切りごとに読めるため、読解スピードが上昇するのもポイントだ。

長文に慣れることも大切である。
普段洋書を読む人は少ないと思うが、ぜひ寝る前や時間がある時に洋書の読書にチャレンジしてほしい。
ただし、興味のある分野がおすすめだ。

逆に興味がない分野の洋書は途中で飽きるだろうし、読むのが苦痛になる。
いずれにせよ、好きな分野の洋書を読む点が大切である。
なお、洋書の入手が難しいなら、大きめの書店や通販で買うといいだろう。

医学部合格レベルにまで引き上げるには?

上記の方法を実践すれば、長文の読解力は自然と身に付いてくるだろう。
だが、医学部合格レベルに達するかは話が別だ。
平均より上程度の英語力だと、合格レベルには程遠い。
もし合格レベルまで引き上げたいなら、以下の英文をすぐ訳せるくらいの英語力が必要だ。

Would You Kill the Fat Man? is the title of a recent book about a set of moral problems that philosophers like to ponder, and psychologists to put to their experimental subjects.

引用元 http://chobundokkai.blogspot.com/2018/08/2016-i_23.html

上記の問題は、2016年の早稲田の政経で出題された長文読解の一文なのだが、翻訳できただろうか?
すでに長文読解力が医学部合格レベルに達している。

逆にもたついたり、頭に「?」が浮かんだ人は諦めてほしい。
読解力よりも英単語・文法を伸ばしたほうがいい。

長文読解を学ぶのにおすすめの参考書

上記の問題はすぐ解けないけど読解力は高めたい、という人も多いだろう。
そんな時は、英語長文・読解に関する参考書を取り入れてみよう。
以下でおすすめの3冊を紹介するので、書店で見かけたらぜひ手に取ってみてほしい。

精読&速読のプラチカ

「精読&速読のプラチカ」は河合塾が出版している参考書だ。
読解力を高める「精読のプラチカ」と、読むスピードを鍛える「速読のプラチカ」に分かれている。
いずれも長文対策に有効なので、鍛えたいスキルによって選んでほしい。
なお、問題数は25問程度で解説はほとんど無い。

問題の質が高く、難関大学レベルにも対応しているのが魅力だが、決して初心者向けの本ではないため注意してほしい。
長文問題に取り組みたい、難問に挑戦したいといった人には最適だろう。

引用:https://ec.line.me/flowergardendiy/gardeningagriculture/product/2847649975

基礎英語長文問題精講 改訂版

「基礎英語長文問題精講」は、長文読解の入門に最適な一冊だ。
内容が非常に充実しており、約50問を通じて読解力を高めることができる。
基礎から応用、発展レベルまで網羅されているため、模試対策や速読のトレーニングにも最適だろう。

なお、本書の難易度は初級~中級レベルのため、難関大学の長文を解ける人には物足りないだろう。
逆に英語慣れしていない人、長文アレルギーの人におすすめである。

引用:https://www.obunsha.co.jp/product/detail/032963

竹岡の英語塾 難関大英語入試長文

「竹岡の英語塾 難関大英語入試長文」は、竹岡塾などで活躍する竹岡広信氏が携わった参考書だ。
問題数は16問とやや少ないが、難関大学の長文問題から厳選されており、丁寧な解法や解説が多数盛り込まれている。
要約問題も収録されているため、要約トレーニングもできるのが魅力だ。

決して難易度は低くないが、医学部合格レベルの読解力を身に付けるなら必須の一冊といえる。
難問に挑戦したい人は、本書を活用してみるといいだろう。

まとめ

最後に重要なポイントをまとめる。

  • 長文読解が難しいと感じる理由は複数ある
  • ディスコースマーカーの活用などで読解力を高められる
  • 医学部合格レベルに持っていくのは困難
  • 読解力を高めるなら参考書の利用がおすすめ

長文読解は難易度が高く、医学部の合格レベルの力を身に付けるのは困難だ。
しかし、勉強すれば点を落とさずに済むし、多少なりとも得点源にできる。
英語で点を稼ぎたい人は、積極的に長文問題へ挑戦してほしい。